平成28年度    桐生市立南小学校経営要覧

(1) 学
校 教



 
○ 基本目標
  「学び、考え、行動する子」 
○ 具体目標
 ・ はっきり話す子(自分を大切にする)
 ・ しっかり聞く子(相手を大切にする)
 ・ よく考える子(自分の心を大切にする)
 ・ ともに活動する子(かかわりを大切にする)
 ・ 進んで運動する子(自分の体を大切にする)

(2)








 
1 基本的な考え方
  学習指導要領及び県市の方針や重点等をふまえ、児童及び学校、地域の実態に即した特色ある教育活動を 展開し、保護者、地域の信頼に応える。
  社会の変化に主体的に対応できる心豊かでたくましい児童を育成するため、知育、徳育、体育がバランス よく身に付くよう教育活動を推進する。
2 基本方針
 @学習指導要領の趣旨をいかした教育実践と、基礎基本の定着に努める。
 A生命や人格を尊重し、人を思いやる豊かな心の育成に努める。
 B心身の健康と体力の向上に努める。
 C基本的生活習慣や集団生活に必要なルール遵守や規範意識等の定着に努める。
 D安全安心な学校づくりと、教育環境の整備と充実に努める。








(3)























 
1 基礎基本の定着と確かな学力の向上に努める。
 @昨年度まで取り組んだ校内研修の成果を生かし、学力の定着に努める。
 A理科専科や高学年教科担当制を積極的に導入するとともに、少人数指導やティームティーチングを効果的に取り入れ、学力の定着を図る。
 B外国語活動の充実に向け、指導方法の研修や資料収集等を積極的に行う。
 C朝の学習や読書、家庭学習の課題等を工夫し、基礎的・基本的内容の定着を図る。
 D一人一公開授業を実施し、教員相互の資質向上を図る。
2 心の教育の充実に努める。
 @資料等を工夫し、道徳の授業を充実させるとともに、教育活動全体を通して道徳的心情や実践力の育成に努める。
 A道徳をはじめ、全教育活動を通じて、自他の生命を尊重する児童の育成を図る。
 B学年・学級経営の充実、異年齢活動の工夫により、規律や秩序のある良好な人間関係づくりに努める。
 C地域の伝統や教育力を取り入れ、心豊かな児童の育成を図る。
 D総合的な学習の時間や行事等、体験的活動場面を通して、豊かな心の育成を図る。
 E道徳授業の保護者等への公開を行い、心の教育の啓発を図る。
3 健やかな体の育成と安全の徹底に努める
 @生活を振り返らせアウトメディアを推進し基本的生活習慣の確立を図る。
 A体育の授業、保健指導、食育等を通じ、健康意識を高める。
 B朝の運動の工夫・充実を図る。
 C避難訓練、不審者対策、ふれあいメールの活用等、安全対策の徹底を図る。
 D地域スポーツ等への積極的参加を推奨する。
4 積極的な生徒指導に努める。
 @「月の生活目標」「南小よい子のやくそく」「ぐんまの子どものためのルールブック50」等をもとに、基本的生活習慣の定着を図る。
 A小さなことも見逃さず、具体的な指導を通じて、規律ある児童の育成を目指す。
 Bいじめ防止に努め、発生した場合は迅速な解決を図るとともに心のケアに努める。
 C対人関係能力の育成や自己表現や意思伝達等の仕方を身に付けさせる。
 D授業中の生徒指導を充実し、落ち着いた雰囲気で授業が推進できるように努める。
 E問題行動防止のため、防犯教室等を発達段階に応じて実施する。
5 その他
 @支援ボランティア等、地域の教育力を生かした特色ある教育活動を取り入れていく。
 A保護者や地域の意見を真摯に受け止め、学校経営の改善に生かす。
 B学力向上やきめ細かな指導のため、地域人材や教職員を積極的に活用する。
 C学校通信等の発行により、情報の提供と学校教育に対する啓発を図る。
 D関係機関、各種団体と密接な連携を図る。
 E不登校児童が出た時は、全職員で情報を共有し、組織として担任を支援し、復帰に向けて働きかけていく。